個人輸入代行業者である薬通販を通して医薬品を購入する人が増えています。特にAGA治療薬を購入するために薬通販である個人輸入代行業者を通して購入している人もいるでしょう。AGA治療は病院で行うと、すべて自己負担になることから医療費が多くかかります。それを防ぐために、安く治療薬を購入できる薬通販を利用しているのもひとつの個人輸入代行業者の利用目的になっています。

薬通販で購入する医薬品というのは、日本で販売している製品と同じ、もしくは同じ成分が配合されている医薬品になります。医薬品になることから副作用第一類薬品症状に見舞われる可能性があります。副作用は軽い物から、強い重篤な症状まで様々ありますので、軽い気持ちで利用すると痛い目にあうこともあります。AGA治療薬は比較的副作用が出る人が少ないと言われていますが、出ないというわけではなくまれに重篤な副作用第一類薬品症状に見舞われる可能性があります。AGA治療薬であればミノキシジルが配合されている製品は第一類医薬品に分類され、薬剤師のサポートが必要とされることから薬剤師がいる薬局でしか購入はできません。そのような医薬品も、薬通販では売られています。

副作用第一類薬品症状が生じた場合、日本で購入した際は医薬品副作用被害救済制度を受けることができますが、個人輸入代行業者である薬通販を利用した場合は、この医薬品副作用被害救済制度という公的な援助を受けることができません。よって個人輸入代行業者で購入した場合は、すべて自己責任であることを肝に銘じて使う必要があります。安くて同成分の医薬品が購入できますが、その代わり何か起きた時はすべて使った本人の責任になることを忘れないようにしましょう。