AGAとはAndrogenetic Alopeciaを略したもので、男性型脱毛症のことです。
20代前半の若い男性で抜け毛が進行してはげる症状のことをいいます。
頭の頭頂部や生え際、M字の形のようにはげるのがAGAの特徴です。
AGAは男性ホルモンの影響を受けてヘアサイクルが乱れたことでおきます。
では、ヘアサイクルとはなんでしょうか。
髪の毛には短くて細い軟毛と太くてコシのある硬毛の2種類があり、軟毛が成長して硬毛になります。
髪の毛には伸びて抜けるサイクルがあり、成長期、退行期、休止期を繰り返します。
男性ホルモンは髪の成長を促す働きをしており、通常は成長期が通常2~6年続きます。
しかし、男性ホルモンの1種である5αリダクターゼという酵素の分泌量が増えると髪の毛の成長を促す男性ホルモン(テストステロン)を薄毛の原因のジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛ホルモンに変化させてしまいます。
つまり5αリダクターゼ酵素が分泌されることによって男性ホルモンは脱毛ホルモンに変化し、髪の成長を止めてしまいます。
酸素や栄養素をエネルギーとして髪の毛を作っている毛母細胞に栄養素が届かなくなってしまうのです。
5αリダクターゼ酵素により男性ホルモンは脱毛ホルモンに変化し、男性型脱毛症であるAGAになります。
AGAを発症すると髪の毛の成長期が短くなり、コシのない細い髪の毛が増えてきます。
そして成長することなく抜けていき、薄毛となります。
後頭部や側頭部は抜け毛が少なく薄毛にならないのは5αリダクターゼ酵素の影響を受けないからです。
薄毛治療は、AGAの原因となる酵素の分泌量をコントロールすることを行います。
遺伝やモルモンバランス、肌質(特にオイリー肌)の影響で酵素の分泌量が変わります。
あきらめずAGAの専門医に早急に相談し自分にあった適切な治療を受けることが大切です。
↓AGAに効果的な治療薬
エフペシア
↓AGA治療薬で改善していきましょう
AGA治療はこっそりできないのか